« 2011年04月 | トップへ戻る | 2011年09月 »

【実例】先輩のアドバイス第2回 入力、他 「コモワークス」

第二回目は、『コモワークス』伊藤智子さんにお話を伺いました。
伊藤さんは2002年より在宅ワークを始められ、データ入力、HP更新などWEB関連の仕事をしています。
また在宅ではないですが、シニア情報生活アドバイザーと産業カウンセラーをされています。

【在宅で仕事を始めたきっかけ】

2001年に在宅ワーク初心者向けのセミナーに出席したときに、普通の主婦が個人事業主として実際に働いている姿を目の当たりにして感銘を受けました。 自分にもできるかもしれないと興味をもったのがきっかけです。

【在宅ワークをやっていて良かったと思うこと】

家で仕事をしますので雨の日に通勤しなくてもいいし、晴れればいつでも布団を干せるし、煮込み料理をしながら仕事もできます。
それに在宅ワークの仲間は向上心が高く、交流会などに出席するといつも刺激を受けるので自分も頑張ろうと前向きになれます。

【在宅ワークをやっていて難しいと思うこと】

やはり仕事をする時間を確保するなどのスケジュール管理ですね。あと家では一人ですので、PCやプリンターのトラブルをすべて自分で解決しなければならないこと、分からないことがあっても自分で調べなければいけないことも大変と感じます。

【在宅ワークを始めたときに苦労したことは】

在宅ワークを始めたときはどのように仕事を見つけたり、実績を作っていったりすればよいのか分からず、模索しました。まず、ネットでデータ入力グループに応募して、3、4のグループに登録しました。
納期が短くて単価も安い仕事も多くやりましたが、そのようなさまざまな経験を重ねていくことが、スキルアップにつながっていったと思います。

【仕事をする上で心掛けていることは何ですか】

第一にメール等のレスポンスは早めにすることです。
次に、納期については前もって早めに納品をするより、ぎりぎりまでチェックをして完成度の高い製品を納品できるようにしています。
また、WEBに関する情報には常にアンテナを張って、TwitterやFacebookなどの新しいサービスも積極的に登録して活用しています。

【気分転換やリラックスの方法を教えてください】

心理学の心理療法の一つである自律訓練法でリラックスします。早朝の愛犬との散歩もよい気分転換になりますね。

【在宅ワークを始めた方にアドバイスを】

初めの一歩を踏み出す勇気を大切に。一歩を踏み出せば経験と自信はおのずとついてきます。

【取材を終えて ~下倉】

伊藤さんには去年の暮れに開催されたフラウネッツの交流会で初めてお会いしました。「仕事は楽しくやりましょう」とおっしゃっていたのが、印象に残っています。在宅で仕事をしていると忘れがちだけど、そうだよなぁと、今もあらためて思いました。

【Blog】
『たわごと~産業カウンセラーとして~』 
伊藤さんが産業カウンセラーとしての視点から日々感じることをつづったブログです。

【実例】先輩のアドバイス第1回 音声起こし 「ことの葉舎」

第一回目は、『ことの葉舎』原田文恵(あやめ)さんにお話を伺いました。2007年より在宅ワークを始められた原田さんは、音声データを文字に起こすのはもちろん、取材執筆もしています。

【在宅で仕事を始めたきっかけ】

実は当時、就職を希望していましたが、子どもが病気になった時などに頼れる親や親戚は遠方のため、在宅での仕事を始めました。実際在宅ワークをしていてよかった事は、幼稚園・学校の行事に行けること、家族が病気をしても、打ち合わせや取材でない限り、自分で看病が出来ます。

また、会社勤めでは難しい私用での外出が、周囲にそれほど気兼ねせずにでき、思いつきで何かを始めても問題がないことでしょうか。
ただ、仕事とプライベートの区別がつきにくいところが難しいところです。

【苦労したことは?】

最初はあまり仕事がなくて収入がない中、パソコンや通信教育などにお金が
かかる事に対して、家族の理解が得にくく肩身の狭い思いをしました。
もちろん今では、その分の回収は出来ているので、問題はなくなりました。
在宅で音声起こしを始める場合は最低限、仕事用のパソコン、音声起こし支援
ソフト(Voice Writingなど)、電話、FAX、プリンターが必要かと思います。
そして何より、家族へ自宅で仕事をするということを、きちんと説明しておく
ことが重要と感じます。

【心構えとアドバイス】

自宅にいるので、仕事がなければダラダラしがちになってしまいます。
誰も売り上げ目標を決めてくれませんし、技術向上に努めなさい!とも言って
くれません。ですから、自らのモチベーション維持と、自己管理が大事となります。

具体的には、最初に『いくら稼いで、そうなりたいか』『そのために何が必要か』
を考え調べておくことが大切だと思います。
最初は仕事がなくても、くさってはいけません(笑)。
レスポンス(応答)が早く、きちんとしたものを納品すれば、仕事は増えていきます。


【取材を終えて ~伊藤】
私が参加した在宅ワークセミナーにて、初めて原田さんにお目にかかった時も、
丁寧に質問の答えやアドバイスをいただき、音声起こしを全く知らなかった私が、
「今後勉強していきたい仕事」と、初めて感じたのを思い出しました。

【Blog、ホームページ】
『ことの葉舎仕事日誌』
原田さんが書いた記事や音声起こしに関する話題など、仕事のことを中心に
書かれているブログです。

『ことの葉ブログ』
 日常生活やサラリーマンの哀愁を描いた短編小説『緒方課長シリーズ』など、
自由な発想が楽しいページです。

『ことの葉舎』ホームページ

※登録フォームはSSL通信(暗号化通信)にて送信されます。

セキュリティ関連ニュース速報

■セミナー情報

■仕事の輪を広げようSNS 「Fit」

■SOHOカウンセリングルーム

     
Copyright(c) 2007 Fraunetz All rights reserved.