Fraunetz 特定非営利活動法人フラウネッツ

自宅で個人事業主として働く、在宅ワークを志す全ての人のために。育児、介護、家事など30代、40代、50代の生き方を考える

  • google+
  • facebook
  • twitter
  • ホーム
  • フラウネッツとは
  • ニュース一覧
  • 特集
  • セミナー
  • メールマガジン
  • お問い合わせ

文字起こしで始める在宅ワーク「文字起こし初級オンライン講座」

このセミナーは文字起こし(テープ起こし)業務を基本からしっかりと身につけたい方のための講座です。
本講座は、個人の方を対象としております。団体・企業の方は、別途プログラムを設定させていただきますのでお知らせ下さい。
講師は、廿(にじゅう)里美「ゼロから学ぶテープ起こし」著者が担当します。
※「ゼロから学ぶテープ起こし」の改訂版 「テープ&音声起こし」即戦力ドリル 廿里美著
amazonにて発売中!


【内 容】

文字起こし(テープ起こし)オンライン講座
≪毎月開講≫※開講月15日までお申込み受付ます。
■受講料: 29,500円(税別)(全12回)※お支払方法はクレジット決済または銀行振込となります。
(学習期間3カ月以内 延長1カ月まで) 
【特典】一般社団法人文字起こし活用推進協議会が運営する「文字起こし技能テスト」受験が1回可能(公式テキスト付)
■お申し込みはこちら⇒
お申込み

■講座専用サイトはこんな感じです→講座専用サイトの例 
■修了生の感想はこちら→修了生の感想

 

【文字起こしは年齢・性別・地域を問わない】
  音声を聞いて文字に起こす「文字起こし」は、根気が勝負の地味な仕事。
  その代わり、年齢・性別・お住まいの地域を問わず、長く続けていくことができます。
  ビジネス系、芸能系、教育系などさまざまな話題に触れることができ知的好奇心の
  満たされる仕事でもあります。
【毎週着実に力がつく!】
  このオンライン講座「文字起こし初級」は、文字起こしの基礎的な力を身につけることを
  目標としています。
  講演・インタビュー起こしなどの課題に、こつこつと取り組みましょう。
  また、在宅ワークとして文字起こしを行うための知識面も、毎週着実に理解していきましょう。
  疑問点はいつでも質問できます。
【文字起こし技能テスト 1回受験可能】
  一般社団法人文字起こし活用推進協議会が運営する「文字起こし技能テスト」の受験が可能です。
  (1回のみ。2回目からは自費になります)
  また、公式テキストも受講開始時に無料でお送りいたします。


【講座カリキュラム】


講座のシステム(課題を郵送する等の手間や料金はかかりません)

◆講座受講の流れ
お申込み→受講料納入確認→講師より開講のご案内(専用サイトにアクセスするURLとパスワードをご連絡)→受講開始
・スタート時には、講座専用サイト上に第1回のテキストと課題が公開されています。
・第1回のテキストで学び、課題をこなして「送信」すると、「第1回課題の解答と解説」「第2回のテキストと課題」にアクセスすることができます。
以下同じように、その回の学習を終えると次の回のテキストと課題にアクセスすることができるようになっています。

【Q&A】

 

「Q」 毎週同じ曜日にテキストが公開される、という形式ではないのですか?
A 課題を送信すると次に進めるというスタイルですので、特定の曜日等は関係ありません。
ご自分のペースで受講してください(受講スタートより最長4カ月)。

 

「Q」 添削はないのですか?
A 解答と解説を読んでいただければ分かるように教材を作成しています。
  また、講師へのメール質問は受講スタートから4カ月の間はいつでも可能です。
  原則として48時間以内(土日祝を除く)にお返事を差し上げます。

「Q」文字起こし技能テストは、いつ受けてもいいのですか?
A 講座の内容を、スコアに活かすためにも、講座終了後の一番早い日程で受験することをおすすめします。
  日程があわない場合は、別途ご相談ください。
  受講開始時に、事務局より一番早い日程のテスト実施日をご連絡いたしますので、
  そちらを目安に勉強を進めてください。
  文字起こし技能テストは、合否ではなくスコアで実力を測るものです。
  本講座受講後も、スキルアップのためにご活用ください。

 

※お仕事のあっせん等はいたしませんのでご了解ください。
※Windows PCのご使用を前提に解説しています。
※受講目的などにより、適切でないと判断した方には受講をお断りさせていただく場合があります。

【受講条件】

(1)基本的なパソコン操作や入力ができること
(2)パソコンがインターネットに接続されていること
音声ファイルはファイルサイズが大きいため、ADSL、CATV、光ファイバなどのブロードバンド回線が適しています。
(3)共同通信社『記者ハンドブック』を所持していること。
『記者ハンドブック』に則った表記方法は、テープ起こしの現場でよく指定されます。
この講座は『記者ハンドブック』を所持していることを前提に実技を行います。
(4)本講座は個人の受講を目的としております。企業、団体に所属されている方の受講は、別途プログラムにて対応させていただきます。